大正グルコサミンで健康を維持できる|体元気に生活快適

現代人の目の疲れ

目頭を押さえる男性

目の疲れから様々な症状へ

現代は様々な技術が進歩し、便利なものが次々と開発されてきました。一方スマホやパソコンが普及したり、生活サイクルが変化した結果、目への負担が大きくなってきました。人間は外からの情報の90%を目から得ています。そのために増えた疾患が、眼精疲労です。眼精疲労は単なる目の疲れとは異なります。疲れ目の場合は、大抵は十分な睡眠などで目を休めれば緩和されます。眼精疲労の特徴として、症状が長い期間続きます。さらに眼精疲労は目への症状の他にも、肩凝りや頭痛など体にも症状が出ます。また症状が長引く場合は、それが悪化して日常生活に支障をきたしたり、或いは別の病気を疑う可能性もありますので、速やかに医療機関に相談するようにしましょう。では、眼精疲労を予防するにはどうすればよいでしょうか。そのためにはまず、原因を知ることがじゅうようになります。

原因と予防法

まず代表的な原因として、目の使いすぎが挙げられます。現代では、スマホやパソコンといった機器の画面を長時間見る環境にあります。最近では子供の頃からゲームやインターネットをする機会が増えてしまい、早い段階から目の疲れを蓄積させてしまっています。次に近視、乱視、老眼などの、目の病気や老化が挙げられます。どれかに当てはまる人には肩凝りや頭痛持ちが多い傾向にあり、それは目の不調から来る症状が多いからだと言えます。予防策としてはまず、環境を改善することが優先されます。特に情報機器等の画面をよく見る人は、継続して見続けるのではなく間に休憩を入れたり、目と画面が近すぎていないかを確認するようにしましょう。目を動かす体操も有効です。また眼精疲労緩和のために、サプリメント摂取も良いでしょう。アントシアニンやルテインは、眼精疲労を緩和するとして有名な成分です。目を酷使する環境ならば、アントシアニンやルテインを含有するサプリメントを摂取することで、疲れ目の解消に繋がります。